9月の「北海道胆振東部地震」予測は、今年の6月に発表されていた!

あなたも出来る!家づくり

9月6日に起きた「北海道胆振東部地震」。
日経ホームビルダーの2018年8月号を読んでいて驚きました。
なんと、記事の中に

「北海道で震度6弱以上の地震に見舞われる危険性が高まっている」

と書いてあったからなのです。

地震予測

 

この記事は、政府の「地震調査研究推進本部地震調査委員会」が6月26日に発表した「全国地震動予測地図」の2018年版により書かれていました。

私も、北海道で地震が起きたと聞いた時、北海道での地震の確率が増えているとどこかで聞いていたような気がしていたのですが、間違いではありませんでした。

 

今回、この記事は建築関係の方は読んでいる可能性が高いので、本当に地震が発生して驚いた方も多いでしょう。

何しろ、地震の予測がとても難しい事も知っていますから。

全国地震予測地図 2018年版のポイント

地震調査研究推進本部地震調査委員会」では、ポイントとして以下のようにまとめています。

全国地震予測地図

 

これから、地震の起こりやすい場所は?

下の図は、ポイントに掲載されていた図を拡大したものです。

今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率の高い場所を示しています。
色の濃い場所が、確率が高い場所です。

地震の起きる確率

よく見ると、今回の地震の分布とは少しずれている気もしますが、まあ良いでしょう。

 

これから、どれだけの揺れが起きるのか?

下の図が、どれだけの揺れが起きやすいかを示した図です。
赤い色の方が、大きな揺れが起きる可能性があります。

震度

北海道は、どのように評価されていたか?

ポイントには、以下のように書かれています。


「今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確 率」の地図では、北海道南東部や仙台平野の一部、 首都圏、東海~四国地域の太平洋側および糸魚川-静岡構造線断層帯の周辺地域などの確率が高い。な お、2017年版に比べて、以下の違いがある。

(1) 北海道では、千島海溝沿いで発生するプレート間 巨大地震および超巨大地震(17世紀型)を新たに評価 したことによる確率の増加
(2) 四国地域の活断層の評価結果による確率の違い は微少

(3) 確率の評価基準日の変更に伴う年次更新で、確率 がわずかに増加


北海道での地震の増加をはっきりと書いていますね。
(文字の赤色は、わかりやすく私が着色しました)

栃木の地震活動

それでは、栃木の地震活動はどのようになっているのでしょうか?

下の図が、栃木の地震活動です。

栃木の地震活動

プロットされているが、震源になったところ。
1600年代からの地震を表示しています。
そんなに昔の震源までわかっている事に驚かされます。

那須には大きな関谷断層がありますが、ここが動く確率は低いようです。

東日本大震災の時には、死者4名、負傷者133名、建物全壊261戸などの被害が生じていますので注意が必要ですね。(平成29年12月8日、警察庁調べ)

 

西村ヘル左

地震予測というと、何十年も前から起きると言われて起きていない地震もあり信憑性を疑ってしまう事もあります。

しかし、地震の災害も多くなり研究も進んで来ているようです。

もし、今回のような予測を見たら、注意してくださいね。

参考文献:日経ホームビルダーの2018年8月号
資料:地震調査研究推進本部地震調査委員会のHPから利用させていただいています。

エスホームは、栃木県で一番キレイで安全な工事現場を目指します!

あなたも出来る!家づくり

先日お伝えした「現場塾」

色々と宿題が出ていました。

その一つがこれです!

エスホームは、栃木県で一番キレイで安全な工事現場を目指します!

というイメージシートを作り、現場に貼るという事です。

この課題はやらない会社も多いのですが、私がやらないわけありません!

正直にいうと、やるかどうか悩んだのですが、、、、

作りました!

これです!!!

キレイで安全な現場

 

もっと大きくすると、これです!!

キレイで安全な現場

 

前回の塾で先生が言っていた事は、
高価な家だからと言って現場がキレイで安全かというと、そうでもないという事。

特に「○○工務店は現場がめちゃくちゃだ。クレームも多いらしいぞ。」
と話してくれました。

 

「キレイな現場」はしっかりした家を作ることに繋がります。

「安全な現場」は、これからご家族が住むお家で事故を起こさないことであり、一番と言っていいくらい大切です。
産業別でいうと、建設業界は一番事故が多いと言われています。
事故は、絶対に有ってはならない事なのです。

 

現場をキレイにしても、確かにカタログに載るような差は出にくいかもしれません。
費用もかかります。

しかし「見た目がキレイだからいい家が出来た」という家づくりはしたくありません。

ご近所からも、羨ましがれるような現場にしたいのです。

実際に住み始めてから、ご近所の方に
「良い住宅会社でしたね。」
と、あなたが選んだ住宅会社が間違っていなかったと褒めていただけるようになりたいと思っています。

 

子供の成長にも気を使うように、家づくりの過程にも気を使う事が大切なのです。

太陽光発電、買取価格半減へ

あなたも出来る!家づくり

太陽光発電の売買金額が大幅減になることが、経済産業省で決められたようです。

あと7〜8年後には、今の半分になってしまうそうです。

 

 

今年の家庭からの買取価格は、26円/kwh。
それが、11円/kwhになってしまいます。

この金額、実際の電気代の半分くらいです。

例えば、今まで
「太陽光発電のおかげで、1万5千円くらい入金されてた!」
と言う話を聞いていたとしても、販売金額が下がってしまうと5千円にも満たなくなってしまうかもしれません。

事業者向けも、18円/kwhから8円/kwhまで下がります。

「思ったよりも下がるな〜、」
と言うのが第一印象です。
せめて、利用する電気代分くらいにはなると思っていました。

太陽光パネルもかなり安くなってきましたし、もっと下がる事を国は期待しているのでしょう。
しかし、それにも限界があります。
特に工事費用でもある人件費は上がることが予想できます。

それを考えると、付けた方が得なのか、よ〜く考えた方がいい時代になってきますね。

将来まで、同じ金額で販売できると信じていた人がいます

この金額から、もう一つの金額が推測できます。

それは、買取期間が終わった後の、買取金額です。

住宅用の買取期間は10年。
それが来年の2019年に初めて切れるのです。

10年前に付けた方は、最初の買取が終了し、減額されます。
その金額が、多分今回発表された金額よりも少なくなると思うのです。

ここで、問題が発生する人がいます。
特定の住宅会社で、太陽光パネルを付けた人達です。

特定の住宅会社は、買取に関して間違った説明をしていました。

それは「10年以降もずっと最初の金額で買取をする」と言い、計算をしていたのです。

計算とは、買取の金額だけではなくて、住宅ローンの返済の金額にまで影響を及ぼします。

住宅ローンの返済に、太陽光発電の売電金額を乗せてい他のです。
10年間ではなくて、ずっとです。

実際に、誰もが知っているような大手住宅会社が計算した表を見たこともありますが、ず〜と最初の金額で販売すると計算していました。

 

私は「おかしい」と言ったのですが、

「大手のいう事だから間違いない、」

と信じてもらえませんでした。

そのような方を実際に知っていると、この金額の発表を簡単に考えることは出来ないのです。

エスホームは、栃木県で一番キレイな現場を目指します!

あなたも出来る!家づくり 色々な事

家づくりを考えた時、多くの方は家の金額や性能を気にします。

しかし、家づくりのプロは違います。

家づくりのプロが気にする事とは

「 現場がキレイで安全であるか? 」という事です。

どんなにカタログで「性能の良い家」と言っていても、汚い現場では施工がおろそかになり性能が出せないことも多いのです。

また、お客様が工事途中のお家を確認する時にも、キレイな現場の方がしっかりと見れると言う事は想像していただけるでしょう。

このようなキレイで安全な現場を作るための勉強会が「現場塾」です。

 

エスホームでは、5月から始まった現場塾に参加させていただいています。

 

9月14、15日は、現場塾で学んで、どれだけ現場が良くなったのかの発表会がありました。

発表者は現場監督の阿久津。

現場塾

 

阿久津は、現場監督としては?意外と話が上手なのです。
この事は、現場塾の本田先生も感心していました。

と言うのも、当社では現場監督がお客様と
「どのようなお家をつくっていくのか?」
の話をする事が多いのです。

それも、笑顔で笑い声も聞こえながらの打ち合わせです。
だからこそ、家づくりが楽しくなります。

しかめっ面の監督さんとの打ち合わせでは、せっかくの家づくりがつまらないですよね。

現場塾

 

下の写真の、右のほうで少しだけ顔が見えているのが「本田先生」です。

現場塾

 

この本田先生は、茨城の大手住宅会社で現場関東をしていました。
かなり厳しい人です。
今時であれば、パワハラと言われてしまうかもしれないくらいの迫力を出す時もあります。

なぜ、それだけの迫力があるのかと言えば、務めていた会社の工事現場で大変なクレームを受けた事が何度も有ったため。
その会社でクレームが起きないように改革してきたからなのです。

クレームの話もたくさんしてくださいましたが、一歩間違えば起こり得る内容ばかり。
聞きながらも、緊張しました。

 

今回の発表は、ただ発表するだけではありません。
各社毎の点数をつけて行きました。
余計、緊張してしまいます!!!

さて、当社の順位は、、、、

ダントツの1位でした!!

現場監督の阿久津が常日頃から積み重ねてきた現場管理が、評価されたように感じました。

ちなみに2位は、群馬の会社でした。
当社よりも価格も1.5倍くらいして、社員数も5倍以上の会社です。
私が見ても、さすがに良くできていました。

それでも、多くの方は当社を評価して下さいました。
それは、発表に対する気持ちが他社と違っていました。
その気持ちとは、

「とにかく一緒に勉強している住宅会社にお役に立てるような発表をしよう!」

と言う事です。

自分だけ良ければいい、と言うのは違います。
一緒に勉強している皆んなで成長していければ、この会はもっと良くなると考えました。

これは家づくりも一緒です。
会社だけ良ければ良い、なんて考えてはいけません。
売り上げだけ上がれば良い、なんて営業では困ります。

「どんどん周りの人と情報を共有して、誰にでもお役に立つ」言う気持ちを普段からもち、お客様にもそれが滲み出てくれればと思っています。

 

普段は厳しい本田先生も「これ、面白いな!」と言ってくれました。
本当に、楽しそうでした。

休憩中には、他社の方からも「面白かったです」と言っていただきました。

 

最終回は、11月の半ばです。

当社だけですが、特別な宿題もいただきました。
もちろん、出来なかったから宿題になったのではなくて「ここまで出来るのであれば、もっと良い事が出来るのではないか?」と言う良い意味で、本当は本田先生の思い付きでいただいています。

なかなか大変ですが、良い家を安全な工事を通してつくり、お施主様に感動していただくために、頑張ります!

停電の心細さを思い出します。

応援活動とお願い

北海道の地震については、予想以上に長期化しそうな気配です。

特に今回は、電力の復旧には時間が必要なようです。

停電

東日本大震災の時もそうでした。

私の住んでいる地域はそれ程の停電はありませんでした。

それでも、停電だった時の心細さは良く覚えています。

特に、夜の停電。

ロウソクをつけたり、充電式の小さなテレビを皆んなで見ていました。

そのような事が北海道で起こるとは、それもこれほど大規模な災害が起きるとは誰も考えていなかったでしょう。

またしても、想定外の事件が起きてしまいました。

北海道での地震以降、テレビでも仕切りに北海道の状況を北海道の人向けに放送していましたが、どれだけの方が見る事ができたのでしょうか?

ついつい、そのような事を考えてしまいました。

とりあえずは、私の知り合いは大きな被害がなかったようで、少しホットしています。

震災では2次被害が出る事もあります。

泥棒が多くなるのです。

人の弱みに付け込んで稼ごうとする、とんでもない泥棒です。

北海道ではそのような被害が出なければいいのですが。

北海道は既に寒くなり始めているようです。

私の周りでは、既に北海道で震災があった事など忘れているかのようです。

北海道との距離と、普通に生活できている栃木。

少しでも早い復旧を願っています。

ページの先頭へ